日本語
三環概要

ホーム > 三環概要 > 事務所情報

  三環知的財産権会社(Scihead IP Group)は、前身が中山医科大学(今の中山大学)に従属する特許事務所であり、中国に最も早く成立した特許事務所の一つとして1986年に設立されました。20年以上の発展を経た後、三環知的財産権会社は特許代理、商標代理と知的財産権訴訟を業務とする知的財産総合サービス機構まで成長しており、華南地区に初めて国家知識産権局 (SIPO)に認可された渉外代理機構であると同時に、華南地区に規模が大きく、且つ実力がある知財サービス機構です。三環知的財産権会社の最終目標は国内外のクライアントに専門的、全面的、効率的、良質な知財サービスを提供することです。
  三環知的財産権会社は本部を広州に設立し、三環専利代理有限会社と三環華旭商標代理有限会社と三環滙華弁護士事務所とを含み、それぞれに特許出願、商標出願、訴訟と非訴訟業務を処理し、クライアントに全面的な知財サービス(例えば、権利の企画、出願、維持、訴訟など)を提供しています。2011年まで、三環知的財産権会社の社員人数は300人以上に至りました。三環の支所や事務所は中国各地、例えば、北京、深圳、长沙、中山、顺德、东莞、佛山、珠海、汕头、增城、江门、肇庆、茂名、梅州、潮州等に開設されています。
  三環知的財産権会社は、いろいろな経験が多く、専門能力と総合能力が強い、プロの知財人材を擁します。そのうち、相当な人数のエリートは中国に有名な知的財産権の専門家であり、彼らは10年以上の知財経験を積んでいます。大多数の社員は国内外の一流の大学を卒業しており、理工系出身であると同時に、弁護士と弁理士の両資格を取得しています。弁護士の多くは全世界の大手企業に勤務した経歴又は海外に留学した経歴を有します。また、当事務所の複数の弁護士は検察庁、裁判所に勤務した経歴を有します。これらの優れた人材は当事務所に優れた業務能力をもたらし、ひいてはクライアントに全方位のサービスを提供できます。
  近年、当社は国内外の知財事務所と良好の協力関係を結び、国内外において高い信望と評価を集めています。2011年、広州三環華旭商標代理有限会社は全国のほかの30軒の商標会社と一緒に中華商標協会に「2011年度の優れた商標代理組織」と評価されました。同年に、当社は知的財産権分野に権威がある雑誌であるイギリスの「知的財産権管理(Managing Intellectual Property)」に「中国華南区に最も実力がある知財代理機構」と評価されました。現在、当社はアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、韓国と日本の事務所と緊密の関係を結んでいます。そのうちの大多数の事務所のパートナーと弁護士は当社に訪問し、中外の知財事務を一緒に検討したことがありました。国際の舞台において、三環は決して現状に満足せず、向上に向上を重ね、国内外のクライアントにより全面的、良質な知財サービスを提供しています。